陶芸教室ではどんな技法を教えてもらえるのか?

陶芸教室では、器を電動ろくろで作る方法が一般的です。
しかしながら、陶芸の器は電動ろくろ以外の方法でも作る事が可能です。
では他にどのような作り方があるのか、いくつか紹介していきます。

まず「電動ろくろ」は、ろくろが回転するため、力加減1つで形が大きく変化してしまうので、慣れるまで難しく感じます。
そのため1日体験などの、短時間で習得するのは難しいと言えます。
なので、1日体験コースの場合は、成形された器に絵付けをするケースや、もしくは手びねりで作るケースが一般的です。

「手びねり」とは、粘土をひも状にして積み上げる事で、成形する方法です。
湯呑などの、形のシンプルな器であれば、手びねりでも作る事が出来ます。
手びねりは、子供の頃に粘土で遊んだ時の懐かしい気持ちを思い起こさせてくれるでしょう。

初心者向けと言われますが、手びねりだからこそ、形に制限がなく、
角皿や箸置きなどアイデア次第でオリジナル性の高い作品を作る事が可能です。

また手びねりの中でも、いくつかの技法があります。
「玉作り」とは、丸く固めた粘土の真ん中に穴を開けて、その穴を広げる事で器の形を作る方法です。
お茶碗や湯呑などは、玉作りで作る事が可能です。

「たたら作り」とは、タタラ板と呼ばれる板を使用する事で、粘土を均等に伸ばし、薄くスライスする方法です。
そのためサンマ皿などの四角く薄い器を作るのに適しています。

「紐作り」とは、土台を作り、その上に紐状に伸ばした粘土を積み上げていく方法です。
厚さを均等にする事は難しいですが、不均等でも味がある作品に仕上がるでしょう。
手作業なので、細かい形の器を作る事が可能です。

「くり抜き」とは、粘土を内側からカンナでくり抜いていく方法です。
箱型の器を作るのに適した方法だと言えます。

「型起こし」とは、石膏などで型を作り、粘土板を押し当てたり、粘土を泥状にして型に流し込んだりする方法です。
他にも、陶芸の器作りには、いろいろな方法が存在しています。

そして方法によって、作りやすい器と作りにくい器が存在するので、
肝心な事は自分が作りたい器はどの方法で作ると作りやすいのかを知る事が重要です。
もちろん最初から自分でどの方法が適しているのか判断する事は難しいので、
陶芸教室の先生に相談する事をオススメします。
なので、陶芸教室の先生は、いろんな技法や方法、
知識を持った先生を選ぶ事が自分の作りたい器を作るためには重要だと言えます。

陶芸の器の作り方の方法は、何種類も存在するからこそ、
表現の幅が広がり、様々な形の器を作る事が可能なのです。
それが陶芸の魅力の1つだとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA