陶芸教室で働くという事

陶芸教室で働きたいと思ったら、どのような求人があり、募集要項はどうなっているのでしょうか?
陶芸教室によって、条件はそれぞれ異なりますが、目安としてある陶芸教室のスタッフ募集と講師募集を紹介します。

まずスタッフとして求人に応募する場合は、あくまでも陶芸教室のサポート的な役割の仕事になります。
そのため陶芸の経験が少ない人でも、働きながら学ぶ事が可能です。
業務内容としては、先生のお手伝いとして、釉薬かけ、釉薬作り、土の再生、窯詰め、窯出し、配送、連絡、掃除など。

その業務内容は多岐に渡ります。
ですが陶芸の専門的な技術や知識がなくても、スタッフとして働く事は可能だと言えます。
また陶芸スタッフとして働くメリットは、陶芸教室に授業料免除で授業を受ける事が出来るという点です。
ただし給与は、アルバイトの時給と大差がないぐらいで、稼ぐ事は難しいのが現状です。

最初は陶芸スタッフとして経験を積んで、その後講師を目指すという方法もあります。
では次に陶芸教室の講師の募集要項を紹介します。

講師になると応募条件があります。
陶芸経験が2年以上ある人、そして実技テストを受けて合格した人となるので、誰でも講師になれる訳ではありません。
ですが学校の講師のように、教師の免許が必要という事はなく、経験があり教える能力があるかで判断されます。

また陶芸教室という性質上、運転免許はある方が採用されやすいと言えます。
その理由は、陶芸に必要な粘土や道具などは持ち歩くには重たいため、足があった方が便利と判断されるからです。

その他、陶芸教室の講師は、陶芸さえ出来ればOKという訳ではありません。
英語力やPCのスキルが求められる場合もあります。
陶芸は観光客にも人気なので、1日体験には多くの外国人が参加します。
なので、英語が話せる講師がいた方が、都合がいい訳です。

また最近は陶芸教室もサイトで宣伝活動をしていますし、
教室を運営するにあたって事務処理や経理などの仕事も分担して行っている可能性もあります。
ただ英語力やPCスキルは必須という訳ではなく、陶芸教室によって重要度は大きく異なります。

勤務シフトについても、陶芸教室によって異なりますが、フルタイムで働くというケースは少ないでしょう。

なぜかというと、陶芸教室はいくつかのコースに分かれていて、コースによって曜日や時間帯が異なります。
つまり会社員のように9時~18時で8時間働くという勤務スタイルではないわけです。
そのため陶芸教室の講師の職だけで、生計を立てるのは難しいと言えます。
給与に関しても、陶芸教室によって大きくバラつきがあり、陶芸教室の講師の年収は50~300万円が相場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA